外壁塗装が必要な外壁の劣化症状8つを丁寧に解説

チョーキング

外壁塗装は、家や外壁を守る膜として必須です。自然環境に晒されている部分になりますので、当然、劣化もしていきます。しかし、どこからが修繕が必要な劣化症状になるのか、見極めるのは難しいでしょう。

そこで今回は、外壁塗装が必要な外壁の劣化症状を8つ紹介します。この症状に当てはまっている場合は、すぐにでも検討してみてください。

外壁塗装が必要な外壁の劣化症状

外壁塗装が必要な外壁の劣化症状として、主なものは以下の8つです。

  • 汚れ
  • ひび割れ
  • 色あせ
  • チョーキング
  • 塗装の膨れ・はがれ
  • 塗装の欠け
  • 錆の発生
  • カビ・コケ・藻の発生

それでは、詳しくご説明します。

汚れ

外壁に付着した汚れのみであれば、家自体にはすぐに影響が出ないので、外壁塗装を急ぐ必要はありません。しかし、雨によって筋状の汚れができ、家の見た目が悪くなってしまいます。

外観を綺麗に保ちたい場合は、定期的に塗装をしましょう。

ひび割れ

ひび割れは、家の防水性に危険が及ぶ恐れがあります。すぐに対処しましょう。

幅が0.3mm未満であれば、経年劣化によって塗膜の柔軟性がなくなったことが原因である可能性が高いです。そのため、塗装をおこなって新たな塗膜で保護すれば修繕できます。

しかし、幅が0.3mm以上のものになると、家の躯体と呼ばれる構造部にひびが起きている可能性があり危険です。これは上から塗装しただけでは修繕できないので、下地調整から工事をおこなう必要があります。

色あせ

塗料に含まれる樹脂が長時間紫外線に当たることによって、樹脂の中に含まれている顔料が浮き出て変色し、起きる現象です。見た目が悪くなるのはもちろん、後述するチョーキングや塗膜の膨れ、はがれにも繋がるので、早めに対処しましょう。

チョーキング

チョーキングとは、塗膜の表面が劣化して塗料に含まれる樹脂が削れ、樹脂の中に含まれていた顔料が粉状になって表れる現象のことです。外壁に触ると、チョークの粉の様なものが手に付くようになります。

塗膜の劣化は、家を保護する効果を低下させます。すぐに塗り替えが必要です。

塗膜の膨れ、はがれ

紫外線などの刺激によって塗料の密着性が低下することで、表面が膨れ上がったりはがれたりする症状です。これは主に、塗膜の耐久年数の経過が原因となります。チョーキングと同様に、新たな塗装で塗膜を作ることが必要です。

塗装の欠け

塗膜の劣化と同じく、塗装の欠けも放置してはいけません。

塗装を欠けたままにしておくと、欠けた部分からそのまま雨が浸水し、家の柱などを腐らせる可能性があります。家自体に悪影響が及ぶ前に、対処しましょう。

錆の発生

家の外壁や屋根には、「鉄部」と呼ばれる、金属や鉄でできた部材が使われている部分があります。ここから錆が発生すると、塗膜の中で増殖して塗料をはがしやすくしてしまうため、早急な除去が必要です。

鉄部は、新品の状態であれば表面が塗装で保護されています。しかし、塗装の耐久性が低くなると、雨や塩害によって錆ができやすくなります。錆の発生を事前に防ぐためにも、定期的な塗装をおこないましょう。

もし錆が発生してしまった場合でも、外壁塗装時には鉄部の掃除をしたうえで塗装をしてもらえますので、安心してください。

カビ、コケ、藻の発生

塗膜が劣化して防水性が低下すると、浸み込みやすくなった雨水の影響で、カビやコケ、藻が発生しやすくなります。すでに塗膜が劣化している証拠ですので、早めに塗装をおこないましょう。

外壁塗装が必要な劣化か、業者に診断してもらうのが確実

先述したような劣化症状が出ている場合は、すぐにでも外壁塗装を検討したほうが良いです。しかし、自分の判断だけでは心配だと思います。その場合は、外壁塗装の業者に診断してもらうのが確実です。

業者の多くは無料で診断してくれるサービスをおこなっていますので、活用してみましょう。

まとめ

外壁塗装が必要な外壁の劣化症状は、以下の8つです。

  • 汚れ
  • ひび割れ
  • 色あせ
  • チョーキング
  • 塗装の膨れ・はがれ
  • 塗装の欠け
  • 錆の発生
  • カビ・コケ・藻の発生

これらの症状が出ている場合は、外壁塗装の業者に無料で診断してもらいましょう。プロの目で見てもらうのが最も確実です。
塗装屋小幡では、お客様のお家に外壁塗装が必要かどうか、無料で診断させていただいております。ぜひお気軽にご相談くださいね。

お問合せフォームはコチラ