姫路市的形町的形にて築17年住宅屋根・外壁塗装

先日、姫路市にておこなった屋根・外壁塗装の様子をお届けいたします。

こちらのお宅は新築から17年のお家です。経年劣化によるメンテナンスとのことで今回ご依頼をお受けいたしました。

ベランダもこのようにひび割れや塗装剥がれが見受けられます。

まずは塗装面の高圧洗浄をしていきます。

続いて下地処理です。金属部やその他の付帯部をヤスリで擦り、塗料との密着性を上げる為に整えていきます。

金属部に錆止め塗料を塗っていきます。

錆止め塗料は主に、金属の腐食やサビを防ぐ役割を担っています。

金属面に皮膜を作ることで、錆の原因となる水や酵素を遮断、除去し、サビや腐食を防ぐことができるのです。

通常使用されるその他の塗料でも、一定の効果は期待できるものの、塗膜を水や空気を通すためサビの発生を防ぐことが難しいとされています。

そのため、錆止め塗料を使用することで、ある程度のサビの発生や腐食などを防ぐことができるというわけです。

屋根にあるひび割れなどの細かな傷を、コーキングで補修します。

続いて屋根塗装に入ります。

下塗りが終わりましたらタスペーサーを挿入します。

タスペーサーとは、屋根塗装の際に屋根材の隙間を塗料がふさがないようにするための板状の道具のこと。「縁切り」と呼ばれる塗装の工程で必要となる道具です。

縁切りは、屋根塗装の際に屋根材の隙間を作る工程のこと。一部の屋根材の内部は雨が入り込む性質があるため、水の出口がないと裏側に水がたまって結露が発生し、屋根裏を腐食させてしまうのです。最悪の場合は雨漏りの恐れも。それを防ぐため、屋根材の内部にある水を外に逃がす隙間が必要というわけです。

しかし、屋根塗装をすると水の逃げ道である隙間が塗料でふさがれてしまいます。そのため、屋根材の裏側に水がたまらないよう隙間を作る道具の1つがタスペーサーなのです。タスペーサーは、屋根材のコロニアル、カラーベストが使われている「ストレート屋根」のみに使用できます。

続いて屋根の仕上げ塗装をしていきます。

こちらは新しく取り付けるエアコンのスリムダクトです。

続いて外壁の塗装に入ります。

まずは下塗りで、下地強化剤を塗っていきます。

続いて、柱の吹き付け塗装の様子です。
塗料は日本ペイントの「ペリアート」を採用いたしました。
高耐候性、防藻、防かび、高意匠性など様々な機能を兼ねそろえた水性シリコン塗料です。
単一色ではなく、様々な複合色による自然本来のやさしい彩りが、外壁に深い味わいをみせてくれる優れた塗料です。

こちらの柱は目地に沿って細かく塗装していきます。

続いて目地養生外して補修していきます。
これらの一連の工程は、1日1工程しか進めることができずとても手間のかかる作業になります。
しかしこの作業が仕上がりのクオリティにぐんと差をつけるので、時間をかけしっかり丁寧に塗っていきます。

仕上げにプロテクトクリアーUVを2回に渡り塗り重ねます。
本来クリアーは必要のない工程ではありますが、本体の外観に合わせたほうがより良い仕上がりになると判断し、トップコートとして塗装いたしました。

玄関前の柱は通行人や来客にも一番に目に付く場所ですよね。
目地を生かしたデザイン性のある柱に複合色で深みのある塗料を加えたことでより一層味わい深く、目で見て楽しめる柱に仕上がりました!

続いて、付帯部をコーキングで固定し接着を強めます。

続いてベランダの防水塗装です。
通常、住宅のベランダには必ず防水機能が備えられています。ベランダに防水機能がないと雨漏りが発生してしまう恐れがあるからです。ベランダ防水塗装では、ベランダに防水効果のある塗料を塗ったりシートを敷いて、ベランダの床材に水が浸み込まないようにするための工事をおこないます。

最後はこちらの郵便受けを塗装して、施工完了です。
小さいのではみ出しなどに気をつけて丁寧に塗っていきます。

こちらが完工の様子です。
外観は施工前より明るく、ピカピカになり施主様も大変お喜びくださいました!
外壁塗装は、外観の美しさを蘇らせるだけではなく建物自体の耐久性や防水機能を高めることにもつながります。むしろ外観より、こういった機能面の回復が外壁塗装をおこなう最も大きなメリットなのです。

蓋平塗装の適切なタイミングは10年に一度です。
新築、または前回の塗り替えから10年以上経っているという方は、そろそろ塗り替えを検討されることをおすすめいたします!

この度は、塗装屋小幡にご依頼いただき誠にありがとうございました!
姫路市の塗装工事は塗装屋小幡にお任せください!