姫路市的形町的形にて築17年住宅屋根・外壁塗装

先日、姫路市にておこなった屋根・外壁塗装の様子をお届けいたします。

こちらのお宅は新築から17年のお家です。経年劣化によるメンテナンスとのことで今回ご依頼をお受けいたしました。

ベランダもこのようにひび割れや塗装剥がれが見受けられます。

まずは塗装面の高圧洗浄をしていきます。

続いて下地処理です。金属部やその他の付帯部をヤスリで擦り、塗料との密着性を上げる為に整えていきます。

金属部に錆止め塗料を塗っていきます。

錆止め塗料は主に、金属の腐食やサビを防ぐ役割を担っています。

金属面に皮膜を作ることで、錆の原因となる水や酵素を遮断、除去し、サビや腐食を防ぐことができるのです。

通常使用されるその他の塗料でも、一定の効果は期待できるものの、塗膜を水や空気を通すためサビの発生を防ぐことが難しいとされています。

そのため、錆止め塗料を使用することで、ある程度のサビの発生や腐食などを防ぐことができるというわけです。

屋根にあるひび割れなどの細かな傷を、コーキングで補修します。

続いて屋根塗装に入ります。

下塗りが終わりましたらタスペーサーを挿入します。

タスペーサーとは、屋根塗装の際に屋根材の隙間を塗料がふさがないようにするための板状の道具のこと。「縁切り」と呼ばれる塗装の工程で必要となる道具です。

縁切りは、屋根塗装の際に屋根材の隙間を作る工程のこと。一部の屋根材の内部は雨が入り込む性質があるため、水の出口がないと裏側に水がたまって結露が発生し、屋根裏を腐食させてしまうのです。最悪の場合は雨漏りの恐れも。それを防ぐため、屋根材の内部にある水を外に逃がす隙間が必要というわけです。

しかし、屋根塗装をすると水の逃げ道である隙間が塗料でふさがれてしまいます。そのため、屋根材の裏側に水がたまらないよう隙間を作る道具の1つがタスペーサーなのです。タスペーサーは、屋根材のコロニアル、カラーベストが使われている「ストレート屋根」のみに使用できます。

続いて屋根の仕上げ塗装をしていきます。

こちらは新しく取り付けるエアコンのスリムダクトです。

続いて外壁の塗装に入ります。

まずは下塗りで、下地強化剤を塗っていきます。

続いて、柱の吹き付け塗装の様子です。
塗料は日本ペイントの「ペリアート」を採用いたしました。
高耐候性、防藻、防かび、高意匠性など様々な機能を兼ねそろえた水性シリコン塗料です。
単一色ではなく、様々な複合色による自然本来のやさしい彩りが、外壁に深い味わいをみせてくれる優れた塗料です。

こちらの柱は目地に沿って細かく塗装していきます。

続いて目地養生外して補修していきます。
これらの一連の工程は、1日1工程しか進めることができずとても手間のかかる作業になります。
しかしこの作業が仕上がりのクオリティにぐんと差をつけるので、時間をかけしっかり丁寧に塗っていきます。

仕上げにプロテクトクリアーUVを2回に渡り塗り重ねます。
本来クリアーは必要のない工程ではありますが、本体の外観に合わせたほうがより良い仕上がりになると判断し、トップコートとして塗装いたしました。

玄関前の柱は通行人や来客にも一番に目に付く場所ですよね。
目地を生かしたデザイン性のある柱に複合色で深みのある塗料を加えたことでより一層味わい深く、目で見て楽しめる柱に仕上がりました!

続いて、付帯部をコーキングで固定し接着を強めます。

続いてベランダの防水塗装です。
通常、住宅のベランダには必ず防水機能が備えられています。ベランダに防水機能がないと雨漏りが発生してしまう恐れがあるからです。ベランダ防水塗装では、ベランダに防水効果のある塗料を塗ったりシートを敷いて、ベランダの床材に水が浸み込まないようにするための工事をおこないます。

最後はこちらの郵便受けを塗装して、施工完了です。
小さいのではみ出しなどに気をつけて丁寧に塗っていきます。

こちらが完工の様子です。
外観は施工前より明るく、ピカピカになり施主様も大変お喜びくださいました!
外壁塗装は、外観の美しさを蘇らせるだけではなく建物自体の耐久性や防水機能を高めることにもつながります。むしろ外観より、こういった機能面の回復が外壁塗装をおこなう最も大きなメリットなのです。

蓋平塗装の適切なタイミングは10年に一度です。
新築、または前回の塗り替えから10年以上経っているという方は、そろそろ塗り替えを検討されることをおすすめいたします!

この度は、塗装屋小幡にご依頼いただき誠にありがとうございました!
姫路市の塗装工事は塗装屋小幡にお任せください!

淡路市にて店舗塗り替え工事

先日、淡路市にておこなった店舗の塗り替え工事の様子をお届けいたします。

今回の現場は、こちらのネパール料理屋さんです。

塗装に入る前に、破損している箇所を補修して下地を整えていきます。

コーキングを打設していきます。

外壁のコーキングは、外壁材の劣化や雨漏りを予防するために必要な工程の一つです。

コーキング材は弾性があるため、外壁にコーキングをしておくことで、住宅が横揺れした際の外壁材のずれやひび割れを防ぎます。また、コーキング材には防水性もあるため、外壁材の隙間に充填しておくことで雨漏りによる住宅劣化も防げるのです。

コーキングは、主に外壁材の隙間の充填や、ひび割れた箇所の補修に行われます。

鉄部に錆止めを塗っていきます。

マスキングをし、デザインに合わせて塗料を塗っていきます。

遠目で見るとこのような仕上がりです。

残りの部分も塗装していきます。

塗り残しの無いよう、隅々までしっかり塗っていきます。

外観はこのようなデザインで塗装いたしました!

ネパール料理屋さんということもあり、異国情緒溢れる外観ですね^^

 

この度は、塗装屋小幡にご依頼いただき誠にありがとうございました!

淡路市の塗装工事は塗装屋小幡にお任せください!

たつの市にて玄関アーチ塗装工事

先日、たつの市にて行った玄関アーチ塗装の様子をお届けいたします。

 

<塗装前>

 

<ケレン・錆止め>

今回塗装する場所は鉄部がほとんどです。

鉄部はその材質上、錆びが発生しやすい箇所ですが、その錆びをそのままに塗装してしまうと塗膜内部に錆びを閉じ込めてしまうことになります。

そうなればその箇所から塗膜剥がれや塗膜浮きが起こるリスクが高まります。

少しでも耐久性を良くするためにも、しっかりケレン作業を行ってから錆止めを入れていきます。

錆止め塗料には防錆効果のある顔料が使われており、金属の腐食を防ぐことができます。錆止め塗料を塗る際のポイントは、錆が出てしまった後ではなく錆になる前に塗っておくこと。もちろん錆が出来てしまった後でも、ケレンをしっかりと行えば塗ることは出来ますが、最初から塗っておくことで後から塗る手間を省けますよね。

続いて、仕上げの上塗りを行い施工完了です。

猫ちゃんの看板も、筆を使って細かいところまで丁寧に塗っていきます。

この度は、塗装屋小幡をご用命いただき誠にありがとうございました!

たつの市をはじめ、兵庫県の屋根・外壁塗装は塗装屋小幡にお任せください!

加古川市にて屋根塗装

先日、加古川市にて行った屋根塗装工事の様子をお届けいたします。

施工内容は、瓦棒の塗り替えです。

 

瓦棒とは、屋根の傾斜に沿って金属板を葺くために、一定間隔に並べて取り付けた細い角木材のことで、

瓦棒葺き屋根とは、昔からあるトタン屋根のことです。

瓦棒塗り替え工事現状 瓦棒塗り替え工事現状 瓦棒塗り替え工事現状 瓦棒塗り替え工事現状 瓦棒塗り替え工事現状 瓦棒塗り替え工事現状 瓦棒塗り替え工事現状 瓦棒塗り替え工事現状 瓦棒塗り替え工事現状 瓦棒塗り替え工事現状

瓦棒塗り替え工事現状 瓦棒塗り替え工事現状 瓦棒塗り替え工事現状

写真を見ていただくと分かりますが、屋根をはじめ、外壁のサビや劣化がとても目立ちます。

このまま放置すると雨漏りなどの被害につながりかねませんので、塗装でメンテナンスを行います。

 

<ケレン作業>

続いてケレン作業です。この作業では塗装面をヤスリなどで削って整えていきます。

傷みが酷く、旧塗幕が残っているためなるべく除去いたしました。

 

<錆止め塗布>

塗装面全体に錆止めを塗っていきます。

錆止め塗料には防錆効果のある顔料が使われており、金属の腐食を防ぐことができます。

錆止め塗料を塗る際のポイントは、錆が出てしまった後ではなく錆になる前に塗っておくこと。

もちろん錆が出来てしまった後でも、下地処理(ケレン)をしっかりと行えば塗ることは出来ますが、

最初から塗っておくことで後から塗る手間を省けますよね。

 

<仕上げ・上塗り>

続いて仕上げの上塗りです。

塗装前の青い屋根とうって変わり、黒に仕上げることでモダンな雰囲気に仕上がりました!

また、しっかり下地処理を施してから錆止めを塗ることで、金属屋根でも耐候性が保たれます。

これでまた長持ちです^^

 

この度は、塗装屋小幡をご用命いただき誠にありがとうございました!

姫路市をはじめ、兵庫の外壁塗装・屋根塗装は塗装屋小幡にお任せください!

兵庫県稲美町にて塗装工事

白木美人塗布二回目

先日、稲美町にて行った塗装工事の様子をお届けいたします。

 

<玄関ポーチ塗装前の様子>

こちらの玄関ポーチを塗装します。

玄関ポーチ塗装前 玄関ポーチ塗装前 玄関ポーチ塗装前 玄関ポーチ塗装前

 

<アク抜き・洗浄>

続いて、木部のアク抜きを行います。

この「あく洗い」と呼ばれる作業では、木材がこれまで浴びてきた紫外線経験をリセットし、

木部独特の染み込んだ汚れを取り除くといった役割があります。

木材に溜まったストレスを落としてあげるといった感じの作業ですね。

塗装前には欠かせない工程です。

アク抜き洗浄 アク抜き洗浄 アク抜き洗浄 アク抜き洗浄 アク抜き洗浄 アク抜き洗浄 アク抜き洗浄 アク抜き洗浄 アク抜き洗浄 アク抜き洗浄

 

<下塗り>

塗装部分が綺麗になったところで、いよいよ塗装作業に入ります。

使用塗料は大橋塗料株式会社の「白木美人」。

白木美人は建築物の外部・内部の木部の汚れ防止に最適な保護剤。

木部の日焼けや干割れを防止し、木材の香り成分の効能であるリラックス効果や森林浴効果を保ちます。

白木美人塗布一回目 白木美人塗布一回目 白木美人塗布一回目 白木美人塗布一回目 白木美人塗布一回目 白木美人塗布一回目 白木美人塗布一回目

 

<中塗り>

続いて中塗りです。

中塗りには下塗り材の色を消し、上塗り塗料の密着をより高めるといった効果があります。

基本的に上塗り塗料と同じ色を使います。中塗りを省いて上塗りだけで仕上げてしまうと

必ず塗りムラができてしまうため、欠かせない工程です。

白木美人塗布二回目 白木美人塗布二回目 白木美人塗布二回目 白木美人塗布二回目 白木美人塗布二回目 白木美人塗布二回目 白木美人塗布二回目 白木美人塗布二回目 白木美人塗布二回目 白木美人塗布二回目

 

<焼き板ケレン作業・シーリング>

続いて、焼き板のケレン作業とシーリングの打設です。

焼き板ケレン作業 焼き板ケレン作業 焼き板ケレン作業 焼き板ケレン作業 焼き板シーリング 焼き板シーリング 焼き板シーリング 焼き板シーリング

シーリングとは、建物の壁の継ぎ目にあるゴムのように打設してあるもののことで、防水の役割を果たしています。

このシーリングがダメになった状態を放置しておくと、シーリング部分から徐々に建物内部に水が回り、

壁の下地などを腐らせてしまい最悪の場合下地をやり直して壁を張り替えるということになってしまいます。

このような事態にならないよう、シーリングの状態を常に把握しておくことが大切です。

シーリングは新築時に打設しますが、大体の場合は10年耐久のシーリング剤を使用しています。

そのうえ新築時はシーリングの上に塗装がされていないため、

紫外線等の影響を受けやすく10年も持たないということがあります。

そのため、築10年~13年までにはシーリングを打ち換えるということが多くのお家では必要となります。

 

<上塗り・仕上げ>

続いて仕上げの上塗りです。

上塗りには家の外観を決定づけ、また中塗りで生じた色ムラや気泡を覆い隠し、

雨風や汚れから外壁を守る役割があります。これで塗装作業は終了です。

上塗り 上塗り 上塗り 上塗り上塗り

 

この度は、塗装屋小幡をご用命いただき誠にありがとうございました!

姫路市をはじめ、兵庫の外壁塗装・屋根塗装は塗装屋小幡にお任せください!

姫路市飾東町にて 焼き板塗り替え工事

先日、姫路市飾東町にて行った焼き板塗り替え工事の様子をお届けいたします。

 

<塗装前の様子>

外壁塗装前 外壁塗装前 外壁塗装前 外壁塗装前 外壁塗装前 外壁塗装前 外壁塗装前 外壁塗装前 外壁塗装前 外壁塗装前 外壁塗装前 外壁塗装前

 

上が塗装前の様子。

塗料が剥がれていても焼き板の質感が味を出しており、雰囲気のあるお家です。

こちらを塗装でより美しいお家に蘇らせていきます。

 

<洗浄作業>

こちらの洗浄剤を使い、玄関周りを洗浄していきます。

洗浄

 

洗浄 洗浄 洗浄 洗浄 洗浄 洗浄 洗浄 洗浄 洗浄 洗浄 洗浄 洗浄 洗浄 洗浄 洗浄

洗浄 洗浄 洗浄

 

玄関先の地面の方はかなり汚れが付着していました。

高圧洗浄機だけでなく、ブラシも使ってしっかり洗い出していきます!

 

<あく洗い>

続いて木部は、洗浄→アク抜き作業を数回繰り返していきます。

アクがこんなに出てきました!

この「あく洗い」と呼ばれる作業では、木材がこれまで浴びてきた紫外線経験をリセットし、

木部独特の染み込んだ汚れを取り除くといった役割があります。

木材に溜まったストレスを落としてあげるといった感じの作業ですね。

 

<サンダーがけ>

洗浄・アク抜き 洗浄・アク抜き 洗浄・アク抜き 洗浄・アク抜き 洗浄・アク抜き 洗浄・アク抜き 洗浄・アク抜き 洗浄・アク抜き 洗浄・アク抜き 洗浄・アク抜き

 

木材が乾いたら、サンダーがけをしていきます。

塗装面の凹凸を取り除き、補修をしやすくするといった役割のある大事な工程。

写真を見るとわかるように、あく洗い前と比べて木材の質が格段に良くなっています。

 

ここからいよいよ塗装作業に入ります!

 

<塗装の様子>

続いて、こちらの塗料を使って塗装をしていきます。

 

 

このように、刷毛を使って丁寧に塗装していきます。もちろん3回塗りです。

 

木肌美人には特殊シリコンが入っているため、上の写真のように水を弾きます。

木材の防水にピッタリですね。

 

<ビス留め>

 

焼き板で浮きが激しい箇所はビス留めをし、補修を施します。

 

<キシラデコール塗布>

続いて木材用の保護塗料、キシラデコールを塗布していきます。

 

続いて、2回塗りの様子です。

 

 

キシラデコールは、木材保護塗料の定番ブランド。

採用実績が多く、たしかな防腐・防カビ・防虫効果が期待できます。

 

その他照明器具なども塗装しております。

また、取り付け金具はサビが酷かったため、新しいものと取り替えました。

 

<完成>

こちらが完成の様子です。

塗装前も味のある色味で素敵でしたが、塗装をすることでさらに美しく、また機能面では防水効果もアップしました!

 

 

皆さんは、屋根・外壁塗装をする一板のメリットは何かご存知でしょうか?

一番初めに思い浮かぶのは「美観」だと思います。

色褪せてきた我が家の外壁を見ると塗装しなおしたくなりますよね。

ですが、塗装によるメリットは、見た目の美しさだけではないのです。

実は、外壁塗装をする一番のメリットは防水機能の回復・向上

美観以外の塗装における機能的な側面のほとんどは「防水」につながります。

では、なぜ防水を徹底しなければならないのかというと、

水は木材や鉄筋など家造りに使われるもの全てを劣化させる、外壁にとってはとても恐ろしい物だからなのです。

ですので、外壁のメンテナンスはお住まいを長持ちさせるためにとても重要です。

建物の外壁に合ったメンテナンスを定期的にしてあげることをおすすめいたします。

 

この度は、塗装屋小幡をご用命いただき誠にありがとうございました。

兵庫県内で塗装をお考えの方はぜひ塗装屋小幡にお任せください!

姫路市にて 歯科医院技巧室 塗り替え工事

先日、姫路市にて歯医者さんの技巧室の塗り替え工事を行いました。

 

<塗装前>

こちらが施工前の様子です。経年劣化で部屋のあちこちが傷んでいる様子が分かります。

特に壁には大きなクラックが何箇所かありますね…

まずはこれらを補修してから塗装を行います。

 

<クラック補修>

クラックの状態がひどい箇所にはカチオン補修を施します。

カチオン系の材料ははモルタル塗装前の下地調整の際に使用することが多く、

対極にいる性質の引き付け合う力を利用し、下地と材料の密着性を向上させることが出来るものです。

なので、-の性質を持った「酷く劣化したモルタル(下地)」に

+の性質を持つ「カチオン系材料」を塗ることで両者が引き付け合い、強い密着性が生まれます。

そうすることで、補修した箇所が、より固く強い状態にるというわけです。

 

<パテ処理>

そして、その他のヘヤークラック等にはパテ処理を数回施します。

 

新設のコンパネにはファイバーテープを貼り、パテ処理を施します。

 

<ペーパーがけ>

 

<シーリング打設>

 

<木枠下塗り>

ローラーで丁寧に塗っていきます。

 

<塗装>

塗装は各所3回塗りで行います。

 

<木枠・巾木仕上げ塗り>

2液型ウレタンを使い、仕上げていきます。

 

<仕上がり>

 

天井も新たに張り替え、綺麗に仕上がりました。

 

<ビフォー・アフター>

ビフォーアフターで並べてみると分かりやすいですね。

艶出し塗料で施工したため、ツヤがあり、清潔感の感じられる壁に仕上がりました。

施工前にいくつもあったクラックもしっかり補修したので安心です。

 

 

この度は、塗装屋小幡をご用命いただき誠にありがとうございました。

 

姫路市で外壁塗装・屋根塗装をお考えの方は、職人直営の塗装屋小幡にお任せください!

姫路市にて 住宅内部塗装

先日、姫路市にて住宅内部塗装を行いました。

施工前の様子がこちらです。

住宅内部塗装 住宅内部塗装 住宅内部塗装 住宅内部塗装 住宅内部塗装 住宅内部塗装 住宅内部塗装

 

<着色>

 

着色して仕上げます。綺麗に仕上がりました。

 

この度は、塗装屋小幡をご用命くださいまして誠にありがとうございました。

 

加古川市にて 屋根塗り替え工事

上塗り

先日、加古川市にて住宅屋根の塗り替え工事を行いました。

施工前の状態がこちら。

 

<施工前>

 

屋根表面に汚れや傷みが見られます。

塗装の前に、まずは高圧洗浄で汚れを落としていきます。

 

<高圧洗浄>

 

高圧洗浄で屋根の汚れを落としていきます。カーポートも洗浄しました。

 

<タスペーサー挿入>

タスペーサー差し込み タスペーサー差し込み

 

次に、タスペーサーを挿入します。

タスペーサーとは、屋根塗装の際に屋根材の隙間を塗料がふさがないようにするための板状の道具のことです。「縁切り」と呼ばれる塗装の工程で必要となる道具。

縁切りは、屋根塗装の際に屋根材の隙間を作る工程のこと。一部の屋根材の内部は雨が入り込む性質があるため、水の出口がないと裏側に水がたまって結露が発生し、屋根裏を腐食させてしまうのです。最悪の場合は雨漏りの恐れも。それを防ぐため、屋根材の内部にある水を外に逃がす隙間が必要というわけです。

しかし、屋根塗装をすると水の逃げ道である隙間が塗料でふさがれてしまいます。そのため、屋根材の裏側に水がたまらないよう隙間を作る道具の1つがタスペーサーなのです。タスペーサーは、屋根材のコロニアル、カラーベストが使われている「ストレート屋根」のみに使用できます。

 

<破損部の補修>

破損部補修 破損部補修

 

<錆止め剤塗布>

錆止め塗布 錆止め塗布

 

屋根と屋根の接合部である棟板金という金属部分に、錆止め剤を塗っていきます。

続いて、いよいよ屋根の塗装に入ります。

 

屋根・外壁塗装の基本原則と言えるのが、下塗り・中塗り・上塗り三回塗りです。

それぞれの施工過程写真に沿って、説明していきます。

 

<下塗り>

下塗り 下塗り 下塗り 下塗り 下塗り 下塗り

 

まずは下塗り。

この工程では、中塗り・上塗り塗料の密着を高めるために下地強化剤を塗ります。塗料の機能性・耐久性の良し悪しを左右します。

 

<中塗り>

中塗り 中塗り

 

続いて中塗り。

この工程では下塗り材の色を消し、上塗り塗料の密着をより高めます。基本的に上塗り塗料と同じ色を使用。中塗りを省いて上塗りだけで仕上げてしまうと必ず塗りムラができてしまうため、欠かせない工程です。

 

<上塗り>

上塗り 上塗り

 

仕上げは上塗りです。

家の外観を決定づけ、また中塗りで生じた色ムラや気泡を覆い隠し、雨風や汚れから外壁を守ります。上塗り塗料には、カビの発生を防いだり遮熱性を高めるといった機能を備えたものもあり、お住まいの地域や構造物に合ったものを選ぶと良いでしょう。

 

このように、塗装において三回塗りは欠かせない工程なのです。

屋根の種類や塗布段階、お住いの地域によって適切な塗料は異なってきます。大事なお住いを長持ちさせるためにも、お住いの屋根に合った塗料を見極めなければなりません。しっかりした業者に塗装を頼み、最適な塗料を選んでもらいましょう。

 

犬小屋 犬小屋 犬小屋

 

サービスで犬小屋も塗装させていただきました!

 

このたびは、塗装屋小幡をご用命いただきまして誠にありがとうございました。

お住いの塗装について何かご相談がありましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。

姫路市にて新築内部塗装工事 〜新築床塗装〜

先日、姫路市にて新築塗装工事を行いました。

新築なのでとても綺麗な床ですね。

こちらの床を塗装していきます。

 

<施工前>

 

塗装作業は、下塗り・中塗り・上塗りの三工程が基本。塗料をムラなく均等に塗るためには、重ね塗りをするのが原則なのです。

下塗りをしていきます。

 

<着色下塗り>

 

下塗りの役割は、後の中塗り・上塗り塗料と木材をしっかり定着させること。塗装を綺麗に仕上げるには欠かせない工程なのです。

次に、サンディングシーラーを塗っていきます。こちらは中塗りの工程です。

 

<中塗り:サンディングシーラー>

 

サンディングシーラーとは、木製のものを塗装する際下塗り塗料として使われる透明な塗料のことです。

吸収性の良い木材は、上塗り塗料を吸いこみすぎてムラなどができてまい、美しく仕上がりにくくなります。サンディングシーラーはそのような木材の吸水性を抑えるほか、仕上げ塗料との密着も良くするのです。

次に、上塗りに備えペーパーがけと掃除をします。

 

<ペーパーがけ・掃除>

 

そして、仕上げの上塗りです。

 

<上塗り>

 

大変綺麗に仕上がりました。

塗料にはたくさんの種類があり、それぞれ役割も異なります。下地塗料は、塗装部の素材に合ったものを選ばなければ、せっかくの良い塗料でも十分な効果を得られません。

塗装屋小幡では、常に丁寧で細かな作業を心がけており、施工内容や価格ともにお客様に満足していただける塗装工事をお約束させていただいております。

姫路市で塗装業者をお探しの方は、ぜひ塗装屋小幡へお問い合わせください。

 

この度は塗装屋小幡にご用命くださいまして、誠にありがとうございました。