姫路市で外壁塗装・屋根塗装業者をお探しなら、
職人直営の塗装屋小幡へ
塗装の基礎知識

外壁塗装の見積書で確認すべきポイント

外壁塗装の見積書で確認すべきポイント

外壁塗装を含む建築業界は、固有の専門用語も多い業界で、見積書を見ても具体的な内容がよくわからないということもあるかと思います。
ここでは、皆様の普段の生活においてあまり馴染みの無い外壁塗装の見積書をもらった際に、確認すべきポイントをご紹介します。

見積書の確認のその前に

外壁塗装の見積書で確認すべきポイントをご紹介する前に、知っておいていただきたいポイントが2つあります。
知っておいていただきたいというより、この2点が大前提という項目ですので、1つずつご説明します。

必ず相見積もりをとる

初めて外壁塗装を行う方で多いのが、「どこに頼んで良いのかよくわからないし、最初にお願いした業者に任せてしまう」ということです。
また、「いくつもの業者に見積もりをもらうのは面倒くさい」という方も、一番最初に問い合わせた業者にすぐに任せてしまいがちです。
ネットで見つけた業者がたまたま優良業者なら良いのですが、姫路市の外壁塗装業界にも悪徳業者は多く潜んでいます。

複数の業者から見積もりをとることを「相見積もり」と言いますが、「相見積もり」をとることで業者間の比較検討が可能となります。
その中で「A社とB社で値段に大きな開きがある」「A社の見積書にはこの項目があるのに、B社の方には無い」など、色々気づく点があると思います。
そうやって気になった点は、メモしておいて余すことなく業者に質問してみましょう。
業者から納得できる回答が得られれば良いのですが、そうでなければぼったくり、手抜き工事などの可能性を疑いましょう。

複数の業者から相見積もりをとり、その中で質問を繰り返し、内容・金額ともにご自身で納得のいく業者に塗装工事を依頼する。
これが外壁塗装において悪徳業者を見抜き、失敗しない外壁塗装を行う鉄則です。

外壁塗装の見積書において、「一式」は論外

上記のように、複数の外壁塗装業者から相見積もりをとった中に、もしかすると見積書の項目が「一式」となっているものがあるかもしれません。
本来、「どの作業にどんな塗料を使い、単価がいくらなのでお住まいの平米ならこの金額になる」という内容が複数行に渡り記載されているはずが、たった一行「外壁塗装工事 一式」とまとめられ、金額も総額しか記載がないのです。
ネットで見つけた外壁塗装業者もそうですが、知人などから紹介してもらった地元密着型の老舗業者が、なあなあで「一式」と記載された手抜きの見積書を提出してくることもあるそうです。

外壁塗装業者が皆様にお渡しする見積書というのは、「この作業にはこの塗料を使い、単価いくらでこの作業をします」という内容を明確に施主に示すためのものです。
それを提示せず、「一式」と大雑把にまとめてしまうと、どんな塗料を使うのか、どんな作業を行うのか、単価いくらで作業するのかが全くわかりません。
高い工事金額をお支払いになる皆様に対し、それではあまりにも不誠実です。
さらに、内容を明確にしておかないと手抜き工事の温床にもなり得ますし、後から不自然な塗り忘れがあったとしても「そこは作業項目に入ってませんので」と言われてしまえば終わりのため、トラブルの元にもなります。

外壁塗装の見積書を「一式」で提出する業者は不誠実であり、後でトラブルが発生するリスクが高くなってしまうことを覚えておいてください。

外壁塗装の見積書で確認すべきポイント

それではいよいよ本題の、「外壁塗装の見積書で確認すべきポイント」をご紹介します。
どの項目も、失敗しない外壁塗装を行うためには大切な項目です。
メモなどをとっていただき、いつでも確認できるようにしておいてください。

① 支払い条件がどうなっているか?

外壁塗装の工事金額の支払いは、基本的には契約時と工事完了時の2回に分けて支払われることが多いです。
注意すべき点として、契約時に全額支払いを要求してくる業者は、支払い後にそのまま逃げてしまう恐れもあるという点です。
もちろん契約時の全額払いを要求する業者の全てが悪徳業者とは言えませんが、2回払いじゃダメなのか確認するようにしましょう。

② 金額は安すぎないか?高すぎないか?

外壁塗装工事は、定価というものが存在しません。
それは、建物の現在の状態、築年数、塗装面積、使用する塗料と様々な要因が重なって工事金額が決定するためです。
しかし、「〇〇㎡の戸建てで〇〇塗料を使った外壁塗装なら〇〇万円〜〇〇万円」とある程度の相場というものは存在します。

事前にネットなどで相場を調べておき、相場よりあまりにも工事金額が高い業者は、ぼったくり業者の可能性があるので避けましょう。
また、安すぎる工事金額を提示する業者も、一見すると魅力的ではありますが、手抜き工事の恐れがあるので避けた方が無難です。
何故なら、外壁塗装は職人の工賃以外にも、塗料や道具などの外壁塗装工事には必須な決して省けない費用が発生するからです。
それを無視したようなあまりにも安い工事金額の場合、「塗料を規定以上に薄めて使う」「必要な工程を省いて人件費を浮かす」などの手抜き工事をしないと実現不可能だからです。

外壁塗装はお住まいを永く快適に保つために必要な工事で、ある程度の出費は必要だと考えておいてください。
その中で、あまりにも高すぎる、あまりにも安すぎる業者は疑うようにしましょう。
「今日契約してくれたら特別に大幅値引きさせていただきます」というのも悪徳業者の常套手段なので気をつけてください。

③ 塗料のランクは統一されているか?

外壁塗装と屋根塗装を同時に行う場合、塗料のランクが同じであるか確認しましょう。
塗料はランクによって耐久年数が変わってきます。
「外壁はシリコン、屋根はウレタン」のように異なるランクの塗料を使ってしまうと、数年後に外壁は綺麗なのに屋根だけボロボロというようなチグハグな状態になる恐れがあります。

外壁塗装と屋根塗装を同時に行えば、塗装工事に必要な足場の組み立てが1度で済むので、長い目で考えた時に塗装にかかるメンテナンス費用を抑えることができるメリットがあります。
お住まいの美観を綺麗に保つためにも、メンテナンス費用を抑えるためにも、外壁と屋根は耐用年数を揃えて同時に塗装を行う方が良策です。
そのためにも、外壁と屋根に使用される塗料のランクは確認するようにしてください。
また、使用される塗料の名称がわかっていればご自身でも調べることができるので、本当にご自身の希望する機能を持った塗料が使われているか確かめることもできますね。

④ 塗装の工程は3度塗りになっているか?

外壁塗装の工程において、基本的には下塗り→中塗り→上塗りと3回の工程で作業が進みます。
下塗りで下地用塗料を塗り、中塗りで本格的に塗料を塗り進め、上塗りで中塗りの色ムラを無くし綺麗に仕上げるのです。
また、塗料自体が3度塗りをすることで本来の性能が発揮できるように設計されています。

しかし、中には中塗りの工程を省き、上塗りのみを行い仕上がったと言い放ち、塗料代と人件費を浮かせようとする悪徳業者も存在します。
見積書の工程が3度塗りになっているか確認しましょう。
作業中に、「これは何回目の塗装ですか?」と施工している職人に尋ねてみるのも効果的ですね。

⑤ 項目に「ケレン」が入っているか?

ケレンとは下地処理における作業の1つで、外壁表面を専用のヤスリで削り、サビを除去する作業です。
このケレンを行わず、既存の塗膜の上から新しい塗料を塗っても塗料が外壁にしっかり接合せず、本来の効果を100%発揮できません。
ですので、ケレンは地味ながら非常に大切な作業です。

しかし、ケレンは手作業で行われるため、手抜き工事を行う業者は人件費削減や工期短縮のために、ケレンの工程を省く恐れがあります。
見積書の項目にケレンが見当たらない場合、直接業者にケレン作業はどうなっているのか確認するようにしてください。

⑥ 塗装箇所がしっかりと記載されているか?

外壁塗装の工事後によく起こるトラブルとして、「塗装してくれると思っていた箇所が塗装されていなかった」という事例が多いです。
特に、「雨樋」「破風・鼻隠し」「帯」「雨戸」などの「付帯部」と呼ばれる箇所に多いです。

こういった工事後のトラブルを起こさないためにも、ご自身でも工事前に見積書と照らし合わせ、どこを塗ってどこを塗らないのか確認しておくことが大切です。
相見積もりの際に、「A社にはこの項目があるのに、B社には無い」といった場合にも必ず業者に確認するようにしましょう。

⑦ 塗装工事以外にかかる費用はどうなっているか?

外壁塗装の工事には実際に使う塗料や職人の人件費以外にも、「ネット養生費用」「マスキング費用」「シーリング打ち替え費用」などの細かい費用が多数発生します。
また、住宅街などではお住まいの目の前に車を停めておくことができないため、作業中の駐車場代も見積書に含まれるケースもあります。

工事終了後の支払いの際にトラブルにならないためにも、このような細かな経費もしっかりと確認しておきましょう。

塗装の基礎知識